About me

えぐさゆうこ(橋口裕子)

 

5月26日生まれ A型

歌手・ナレーター・アナウンサー

 

元南海放送アナウンサー。奄美大島のシマ唄に出会い、尊敬する唄者のもとで修行を積む。奄美のシマ唄の歴史や唄掛け、方言などの奥深さを学ぶ。父の生まれ故郷・屋久島での現地調査を江草啓太とともに行い、伝承者が少ない幻の名曲「まつばんだ」を知り、復元を行う。古謡採取の活動は夕刊フジ、サンデー毎日、南日本新聞等で紹介。「圧倒的な表現」(スポニチ)と評される。2016年に初のソロアルバム「宝歌-takarauta-」をリリース。『RADIO SAKAMOTO』で多重コーラスアレンジの「朝顔」がオンエア。

(photo by bozzo)

 

《Biography》

愛媛県立松山東高校卒業
横浜国立大学教育学部美術科入学(デザイン・CGアートを専攻)モダンダンス部にてコンドルズ近藤良平氏・宮本舞氏に師事。ダンスカンパニーHeavy Chocolata『それは食べられる!』などに朗読兼ダンサー、劇団橄欖舎の舞台『シロツメ』でシロツメ役

2000年南海放送入社

2009年から父の故郷・屋久島で古謡の現地採取に取り組み、屋久島の古謡を蘇演する試みを行う。夕刊フジ、サンデー毎日、スポーツニッポン、南日本新聞、愛媛新聞など各メディアで紹介

 

【主な公演】

2005年8月  「潮騒の奏・朝崎郁恵島唄コンサート」opening act

2008年2月 「つづくらいぶ」シリーズスタート(東京・愛媛)

2009年9月 「朝崎郁恵presents 島唄・十五夜・唄遊び」(晴れたら空に豆まいて)三味線・唄

2010年6月 「琉球弧の島唄 音故知新」(国立劇場おきなわ)→三味線・唄として参加
2010年10月 日本三大けんか祭りのひとつ「新居浜太鼓祭り」応援ソング『空が鳴る・龍の声』リリース1万人の観客の前で唄う

2010〜15年   民謡SONIC出場
2011年1月 モンゴル音楽祭

2011年7月 屋久島にて幻の名曲「まつばんだ」披露、「やくしま夏まつり」出演
2012年 放送大学「南の島の古謡の魅力」講演とコンサート
2013年7月島系SUMMER出演

2014年 愛エンタ駅伝 in 夢の島開会式にて愛媛県の歌の斉唱

2014年11月アイランダーメインブースにて屋久島の古謡と民話を披露(池袋サンシャインシティ)
2015年喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭出演

≪朗読舞台≫

1999年      Heavy Chocolata『それは食べられる!』朗読、dance

2004年   「ORIGIN」朗読・芝居

2008年     Office59『ことダマ芝居 おかえりなさい蝶々さん』座長

2010年      Office59『ことダマ芝居 ひとりぽっちな気がしてる』夏目漱石『文鳥』より 朗読・dance