About me

えぐさゆうこ(橋口裕子)

vocal・三味線・語り・踊り

奄美島唄を朝崎郁恵氏に師事。

父の故郷・屋久島など離島での現地調査、古老への取材などを経て、世界の民族音楽に通じる日本の島々の唄の土着的な声を表現するアーティスト。

2016年、初のソロアルバム『宝歌-takarauta-』をリリース。J-waveRADIO SAKAMOTO(パーソナリティ:坂本龍一)で多重コーラスアレンジの「朝顔節」がオンエア。

やくしま夏祭り、日本民謡協会主催の民謡SONIC、小豆島で行われた島フェス、モンゴル音楽祭,『喜多見と狛江の小さな沖縄映画祭+α』、オリジナル舞台『道成寺~予感~』などのイベントに多数出演。

ブルガリア音楽と日本の民謡とのコラボレーションライブを定期的に行うなど他ジャンルとの交流も多い。

元南海放送アナウンサーでもあり、退職後はフリーランスとしてNHKTBSなどテレビの番組ナレーション、リポーターなどでも活躍。『「十九の春」を探して/川井龍介()』では「嘉義丸のうた」を題材にしたラジオ特番を制作する様子が取材されるなど、うたが運ぶ歴史、人の営みに耳を傾ける取材者でもある。現在は「朗読集団ひまわり」を主宰。

    

 Yuko Egusa (vocal · Shamisen player · Narrator · Dancer)

Studied Amami Island folk songs with Mrs. Ikue Asazaki(Master of Traditional Amami Islands songs)

Artist who expresses the indigenous voice of songs of Japanese islands that leads to world ethnic music after undergoing field survey at remote islands such as my father's homeland /

Yakushima, coverage for old people, etc.

 

 In 2016, released her first solo album "Takarauta -". "Asagao-bushi" of multi-chorus arrangement is on air for J-wave "RADIO SAKAMOTO" (personality: Ryuichi Sakamoto).

    

Folk song festival "MIN-YO SONIC" sponsored by the Japanese folk song association, "Island festival" held at Shodojima, "Mongolian music festival", "Okinawa and Komae's small Okinawa film festival + α", original stage "Dojo-ji temple ~ premonition ~" Many appearances.

 

There are also many collaboration with other genres such as periodically performing live collaboration between Bulgarian music ,Taiwan and Japanese folk songs.

    

She was also an ex-Nankai Broadcasting announcer, and after working as a freelance, he also worked on television program narrations such as NHK and TBS, reporters and so on.

 

  "Searching for" Spring of 19 "/ Ryusuke Kawai (Author)" In the history of songs carried, such as creating a radio special number with the theme of "Song of Kagimaru"

 It is also an interviewer who listens to people's activities.

Currently he presides "Reading Group Himawari".

    

 

Yukko Yuko(聲樂·三味線·說話·跳舞)

Ikue Asaki先生一起學習奄美島之歌。

偏遠島嶼的現場調查,如父親的故鄉,屋久島,通過這樣的採訪長輩,領導世界的藝術家的民間音樂代表日本列島的歌曲土著聲音。

 2016年,他發行了他的第一張個人專輯“Treasure - Takarauta - ” J-“RADIO SAKAMOTO”牽牛花條款是與(個性坂本龍一)多合唱團安排的空氣。

 

 屋久島夏季節日,由民歌SONIC主辦的日本民謠協會,島內節在小豆島,蒙古音樂節舉行,在這樣的原始階段的情況下,北見狛江的小沖繩電影節“Dojoji~感覺~很多次出場。

 

還有許多與其他類型的交流,例如定期進行保加利亞音樂和日本民歌之間的現場合作。

根據南海放送也是播音員,NHK退役後作為一個自由職業者,TBS電視節目旁白,也活躍,如記者。

比如如何產生的無線電特別節目,其中“”春十九/河合龍介(作者)歌 嘉義丸的主題採訪,歌曲承載的歷史,

它也是一個傾聽人們活動的採訪者。目前他主持閱讀小組Himawari”


【主な公演】

20058  「潮騒の奏・朝崎郁恵島唄コンサート」opening act

20099月 「朝崎郁恵presents 島唄・十五夜・唄遊び」(晴れたら空に豆まいて)三味線・唄

20106月 「琉球弧の島唄 音故知新」(国立劇場おきなわ)→三味線・唄として参加
2010
10月 日本三大けんか祭りのひとつ「新居浜太鼓祭り」応援ソング『空が鳴る・龍の声』リリース、1万人の観客の前で唄う

201015   民謡SONIC出場
20111 モンゴル音楽祭

20117月 屋久島にて幻の名曲「まつばんだ」披露、「やくしま夏まつり」出演
2012
年 放送大学「南の島の古謡の魅力」講演とコンサート
2013
7月島系SUMMER出演

2014年 愛エンタ駅伝 in 夢の島開会式にて愛媛県の歌の斉唱

201411月アイランダーメインブースにて屋久島の古謡と民話を披露(池袋サンシャインシティ)
2015
年~喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭連続出演
2017
年 小豆島音楽フェイスティバル「島フェス」うみの中ステージに出演。

 

精力的にライブ活動を行っている。